既存の git リポジトリをHeroku にデプロイするまでのメモ

最近は趣味で Heroku を触っています。
Heroku は作成したアプリのデプロイに git を使ったりするのですが、普段は仕事で使っていないこともあり、コマンドをすっかりと忘れていました。笑
再確認しメモを残しましたので、せっかくなのでブログにあげます。

空のリポジトリを作成する

git init

既存の git リポジトリのコピーを持ってくる

git clone (リポジトリ).git

ローカルリポジトリにファイルを追加する

git add -A

引数に -A をつけると、「すべてのファイルを追加」という意味になります。追加したくないファイルは .gitignore にあらかじめ書いておく。

ローカルリポジトリの状態を確認する

git status

ファイルの追加、修正などの状況が一覧で表示されます。

ローカルリポジトリに変更をコミットする

git commit -m "first commit"

引数の -m は message のことで、コメントを付与します。
省略するとエディタが起動し、コメントの入力が求められるのでめんどくさい。

Heroku アプリを作成する

heorku create (アプリ名)

Heroku への URL やデプロイ先のアドレスを教えてくれる。

git のリモートリポジトリの登録

heroku git:remote -a (アプリ名)

「heroku」の名前で、デプロイ先のアドレスがリモートリポジトリとして登録されます。

git のリモートリポジトリの確認

git remote -v

リモートリポジトリへのプッシュ

git push heroku master

master ブランチを、heroku という名前のリモートリポジトリにプッシュする。

ブラウザで開く

git open

ブラウザが立ち上がり、Heroku の URL を参照する。